あさきのライフワーク DOLL☆HOUSE

ミニチュアビスクドールの制作報告と近況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

完走しましたが・・・


体調が悪くて、大変な思いをしました。

朝、新宿につく前に、電車の中で冷や汗が出て、両手はつるし、気持ちがわるくなって、
ぶったおれるかと思いました。

今回のエントリーは、私がパパをさそったので、さそった私が帰ってしまうのは悪いと思い、
会場までは行くことにしました。

パパには、行ける所まで行くけど、下向いて機嫌悪そうにしてても調子悪いからほっといて
と、言っておきました。

朝ブラックアウトしそうになってたので、その状態よりは良いかな?と思いながら、走る準備
をしました。

トイレも何もかも順調に準備でき、あっと言う間にスタート10分前。
そのまま並んでスタートしました。

スタート直後はキロ6分以上で、そんなに早いペースではないのに、1キロが遠い遠い。
脚は全然平気なのに、呼吸が苦しくて、苦しくて。
いつも5キロ、10キロって数えるに、今回は1キロごとに数えてしまった。

ずっと下を向いて走っていたので、パパが「スカイツリーだよ」と言ってくれなければ、
気がつかなかったね。

ハーフの折り返しまでパパと一緒に走ったけど、後はだんだん後ろを走りはじめて、
30キロ過ぎでパパを見失いました。

35キロでシャーベットを完食。

37キロの坂の3分の2は、金コーチの教えを思い出し、腕を後ろに降って・・・
3分の1はちょっと心配で歩いた。

坂を上りきっても、深呼吸できない。(深く息が吸えない為)
200・・・300メートル進んだら、ん??

なんか脚がへんですけど??

救護所の目の前で、脚がつってしまいました。
「救護所へどうぞ~」
と、手を引いてもらいながら救護所へ・・・

救護所では、あっちこっち脚がつって一番やっかいな人になってました。
柔道整体師の先生が脚の坪(?)をおさえてくれたりしたんですけど、
そうしてるうちに反対の脚がつって、お手上げ状態でした。
「脚が酸欠になってるから、時間を気にしないで休むしかない」
リタイヤも考えましたけど、あと4キロなんだよな~

1秒でも早く出たいのに、動こうとすると脚がつる、もういいかと靴を
履こうとして脚がつるの繰り返し。

最後には「リラックス、リラッックス」と自己暗示をかけるしかありませんでした。

結局40分ほどお世話になり、なんとか救護所を旅立つ事ができました。

残りの4キロは、歩きました。2回ほど、走りだしたのですが、脚がつりそうな
感じが怖くて、歩いてもキロ10分だと思いがしがし歩いてゴールとなりました。

5:27:04
31:01/30:11/30:11/31:06/33:11/35:52/35:59/
1:17:59/21:34

31秒自己ベストという落ちがつきました。

このペースでいくと~次は40キロまで走って、あとの2キロを歩くのがいいと思う。






スポンサーサイト
  1. 2015/03/24(火) 21:46:26|
  2. ランニング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。